住宅購入を検討しているあなたへ!失敗しない土地の選び方

住宅を手に入れるのに欠かせない土地選び

住宅購入をしようと考えているときには住宅の本体について目が向いてしまいがちです。しかし、注文住宅を建てるときには土地を選ばなければ建てることはできません。実際に注文住宅を手に入れて住み始めてから、住宅は良いけれど土地が良くなかったと後悔してしまう場合もあります。家はリフォームできますが、土地は動かすことはできないので慎重に選ぶ必要があるのです。
立地と面積の二つは重視して土地を選びましょう。それからずっと住むという視点に立ってその場所で良いのかと考えた上で決定する必要があります。住んでいる地域によって自治体から受けられるサービスも違うことも考慮して、将来的に必要なサービスが整っているかも確認してから決定しましょう。

土地が先か住宅設計が先か

注文住宅を建てるときには土地を先に探すか住宅設計を先に行うかで迷うこともあります。せっかく良い土地を見つけることができても面積が少し足りなくて住宅側を妥協しなければならない場合もあるでしょう。逆に住宅設計をしてみたけれどちょうど良い土地がなかなか見つからずに困ることもよくあります。
どちらを優先しても折り合いをつける必要が生じます。土地と住宅とどちらが先かと悩んだら自分が優先したい方を選ぶのに越したことはありません。ただし、住みたい地域がある程度決まっていると土地の候補はそれだけで限られてしまうため、先に土地を決めてから住宅を土地に合わせて設計した方が無難です。都市部に住みたいというときには特に土地を優先しましょう。